「本気で家計を変えたいあなたへ」の書き方レッスン

各テーマのタイトルの後に書いてあるページ数は、
「本気で家計を変えたいあなたへ」(日本経済新聞出版社)の
掲載ページです。

本とサイトを連動しながら、ご覧くださいね。

第1回 現状記入シートの書き方 ■6ページ

将来の不安に目をやって焦るよりは、まず、今を知ることがスタート。

ダイエットのスタートで体重計に乗るように、まずは今のあなたの現状を確認しましょう。

第2回 ライフイベント表と貯金宣言の書き方 ■23ページ

漠然とした不安から脱出するためには、「いつ」「なにに」「いくら」必要なのかを、具体的に考えること。

そして、それがわかれば、実は「いくら貯めたらいいのか」は簡単に計算できるんです。

第3回 定年までの積立金額がわかる記入シートの書き方 ■52ページ

一般論や平均論は、あなたの老後資金には役立ちません。

1番大切なことは、自分がどんな老後を送りたいかを想像すること。この本で自分に必要な老後資金を知りましょう。

アプリは、こちらです。

第4回 遺族年金の計算シートの書き方 ■63ページ

あなたが毎月納めている国民年金保険料や厚生年金保険料には、もしものときの保障がちゃんとついています。

もしも亡くなったときに、どんな遺族年金がもらえるのかを確認しましょう。

第5回 必要保障額の計算シートの書き方 ■69ページ

「何かあったときのために」で、なんとなく入っている保険ほど無駄なものはありません。

保険が必要かどうか、そして、必要ならいくら必要なのかを、想像力をモトに計算しましょう。

第6回 無理なく買えるマイホームの金額の記入シートの書き方 ■115ページ

マイホームの契約直前で焦ったり、迷ったりすることがないように、「無理なく買えるマイホームの金額」を知りましょう。

自分の将来の予定をしっかりと考えることが、安心して買うための秘訣です。

第7回 家計の将来シミュレーションの書き方 ■156ページ

今の家計だけに目をやらずに、10年後、20年後と長い時間軸で家計を考えましょう。

将来の貯蓄シミュレーションのやり方がわかれば、一生役立つお金の知恵になりますよ。

ご相談・セミナーのお問い合せ 講演・取材などのお問い合せ

このページトップへ

Copyright(c) FP Office will. All Rights Reserved.