FP彩ちゃんとシノビーのここだけのオトクな話

海外旅行保険を上手に使う!

「分野:生命保険・損害保険について

n07_hp_a.gifn07_hp_b.gif
海外では健康保険証は使えませんが、治療を受けた際に「診療内容明細書」と、
医療費の内訳がわかる「領収明細書」を書いてもらえば、
帰国後に「海外療養費」として、国内で治療をしたものに準じた治療費で計算した
金額の一部の払い戻しが利用できます。
用紙は、全国健康保険協会や健康保険組合、市町村等で手に入るので、
お守りがわりに持っていきましょう。


クレジットカードの裏に書いてある電話番号に連絡して、
「持っているだけで保険が使える」カードなのか、
「旅行代金等を支払わないと保険が使えない」カードなのかを確認しましょう。
途中で変更になることもあるので、旅行の都度確認するのがベストです。


クレジットカードの海外旅行保険には、病気死亡の保険金がありません。
なお複数の海外旅行保険に加入している場合の死亡保険金額は、その中の最高額が上限ですが、
病気やけがの治療費や救援費用等は、各カードについている補償の合計額になるので、
安心が増えます(同じクレジット会社は除きます)。


海外旅行保険の補償期間は、出発してから帰宅するまで。
つまり、「行ってきま~す」と家を出た直後に国内で事故にあっても補償されるので、
加入するなら空港加入よりも旅行前が安心です。

« 前の記事 | 教えてFP彩ちゃんトップ | 次の記事 »

ご相談・セミナーのお問い合せ 講演・取材などのお問い合せ

このページトップへ

Copyright(c) FP Office will. All Rights Reserved.