FP彩ちゃんとシノビーのここだけのオトクな話

■定期預金だけで資産形成してたら将来困る?■53ページ

「分野:資産運用について

定期預金で資産形成しているのは、収入の中から一部を資産として将来に残している訳ですから悪いことではありません。ただ、定期預金には2つの弱点があるのです。

 それは、インフレと円安です。 

 インフレというのは、物価が上がってお金の価値が下がっていくということ。定期預金の金利は日本ではとても低い水準です。物価が少し上がっただけで、金利よりお金の価値の低下の方が大きくなってしまうのです。日本は今まで20年以上インフレではなくデフレが続いていました。金利が低くても、物価が安定していたので問題なかったのです。

 また、円安も定期預金では対応できません。2012年の11月から急激な円安が始まりました。円安というのは円の価値が他の通貨に対して低下していくことです。円の資産を持っていると、資産の価値が下落していってしまうのです。

 例えば、1ドル=80円の時にはニューヨークの10ドルjpg0ドルのホテルは8000円ですが、1ドル=100円になると、1万円になってしまいます。ドルの価格は変わらなくても、円安で円の価値が下落しているのです。

 円安になれば、海外のホテルだけではなく、国内の輸入品の物価も上がります。原油価格も円ベースでは上昇します。生活コストが上がっていくことになります。

  インフレや円安に対応していくには、定期預金以外の資産運用を考える必要があります。といっても、いきなり株式投資を始めるのはとても危険で、おススメできません。まず自分の資産の一定の割合を投資信託を使って外貨や株式に投資していくのが王道です。そのためには、投資の基本について少し勉強しておく必要があります。知識を持たずに資産運用を始めるのは、免許を取らずに運転を始めるようなものだからです。まず、投資の基本書を一冊読む、あるいはセミナーや勉強会に参加してみる。知識を得るために行動してみることです。

 今、持っている定期預金をどう活用するか?慌てる必要はありませんが、定期預金だけコツコツ貯めていっても、解決できない問題があることは知っておきましょう。そして、そのための対策をまず考えてみることが大切です。

 

回答者:内藤忍

« 前の記事 | 教えてFP彩ちゃんトップ

ご相談・セミナーのお問い合せ 講演・取材などのお問い合せ

このページトップへ

Copyright(c) FP Office will. All Rights Reserved.