FP彩ちゃんとシノビーのここだけのオトクな話

■退職金キャンペーン■51ぺージ

「分野:老後資金・年金について

退職金は老後を支える大きな安心をくれるお金です。退職男性jpg

金融機関では、「退職金定期預金キャンペーン」を実施しているところが多いのですが、見た目の金利だけでなく、事実上の高金利を見極めるようにしましょう。

たとえば、A・B・Cという3つの銀行でキャンペーンを行っていて、退職金1000万円の運用先を考えているとしましょう。

A銀行の金利は6カ月で1%、B銀行は3カ月で1.7%、C銀行は預入金のうち半分は投資信託にすることが条件ですが、定期預金には3カ月で6%の利息が付きます。

あなたはどれを選びますか?

預貯金の利息からは20.315%(復興特別所得税込み)の税金が差し引かれるので、受取利息は、A銀行が4万円、B銀行が3.4万円、C銀行は6万円です。

これだけを見るとC銀行が一番良さそうですが、残り500万円は投資信託を買わなければなりません。キャンペーンに指定されている投資信託は、買うときに別途手数料がかかるものが多く、高いものでは3.15%の手数料がかかります。

仮に、残り500万円で投資信託を買った時の手数料が3.15%だとすると、支払う購入手数料は15万7500円です。

利息6万円を受け取っても、その高い利息以上のお金が投資信託の購入手数料で出ていくので、キャンペーン商品を選ぶ時には、金利の高さだけでなく、運用期間や実質手数料も含めて自分に合うものを選びたいですね。

もちろん、もともと自分が買いたい投資信託がC銀行にある人にとっては、預貯金でついた利息分だけ投資信託の購入手数料が安くなるので向いていますよ。

回答者:前野彩(2013/04/01)

 

教えてFP彩ちゃんトップ | 次の記事 »

ご相談・セミナーのお問い合せ 講演・取材などのお問い合せ

このページトップへ

Copyright(c) FP Office will. All Rights Reserved.