メールマガジン バックナンバー

2013年1月7日発行 Vol.91 ■2013年から変わるお金■

┏━━━┓ 1.2013年 家計は変わる! 
┃メニュー┗┓2.食料品の消費税の軽減税率はある?  
┃     ┗┓3.セミナーのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
..........................................................................................
■□   FP前野彩のマネーのミニレシピ
 ■□  ~2013年 家計は変わる!~
..........................................................................................

2013年は......厚生年金保険料が上がります。
健康保険料も上がります。
40歳以上の方は介護保険料も上がります。
所得税には今納めている税金の2.1%分が復興特別所得税で上乗せされます。
電気料金も値上げが予想されます。
車やバイクの自賠責保険も値上げが予想されます。

こうしたたくさんの値上げが与える影響を考えると、
税金と社会保険料の増減だけで、
年収400万円の家計で年間約1.6万円、年収800万円なら約3.2万円アップします。

会社員の税金と社会保険料はお給料から天引きされるので、
手取りが減っていることに気が付きにくいお金ですが、
このアップ分プラス電気料金の値上げ分をしっかりと防衛していくことが
家計にとっては大事です。

そこで考えてほしいことが、
今年1年間と今後10年間以内にお金を使う予定です。

お金の使い道が決まれば、オトクな商品も自然と決まります。
それによって、今この世の中にも利回り8%の商品も使えるので、
まずは、これからの予定を立てましょう!

その中で、百貨店の買い物が多いのなら友の会の積立:年利回り約8%を利用する。
旅行会社が決まっているなら旅行会社や航空会社の旅行券積立:1.5~3%。
老後の積立なら、個人年金保険や個人型確定拠出年金、投資信託の利用など。

その他にもオトクな制度がありますので、
自分の家計に合ったオトク制度や家計の見直しを知りたい方は、
直接ご相談下さいね。

蛇足ながら今書店で販売されているRicher2月号には2ページ、
CLREA2月号には13ページ分で登場しております。
家計や女の一生のお金についてお役にたてるかと思いますので、
こちらもご覧いただけたら嬉しく思います。
..........................................................................................
■□  FP税理士備順子のマネーのミニレシピ
□  ~食料品の消費税の軽減税率はある?~
..........................................................................................
来年の4月(平成26年4月)から消費税が8%に、
平成27年10月からは10%に税率アップということは、
野田政権のときに国会で可決されました。

ただし、税率の引き上げが実行されるかどうかは、
その6か月前すなわち今年の10月に、
景気動向を見て判断するということとなっています。

おそらく、国民の多くが消費税は上がるという覚悟を決めているときじゃないと、
税率の引き上げは実行できないでしょうから、
政府もこのチャンスを逃さないでしょう。  

ところで、税率の引き上げにとともに議論されるのが、
軽減税率(複数税率)の問題です。

消費税は低所得者に負担が重い税金であるということから、
食料品等の生活必需品には通常の消費税率より 
低い率(軽減税率)を適用しようというものです。  

確かに、消費税の先進国であるヨーロッパでは、
この複数税率というやり方は広く採用されています。
しかし、様々な問題を含んでいるため、
ここ最近に消費税を導入する国々は均一税率です。
これは、ヨーロッパで起こっている複数税率の問題点から、
教訓として学んだ結果と言われています。  

では、複数税率からどんなことが問題となっているのでしょうか?

食料品に複数税率を適用する場合、
ぜいたく品か日常生活品かという区分と、外食サービス(店内で飲食する)か、
食料品(持って帰るか)という区分があります。

ぜいたく品や外食サービスは標準税率(通常の税率)で、
通常の生活必需品としての食料品は軽減税率にするのですが、
この線引きがとても難しく、課税庁側と納税者の攻防戦は延々と続くようです。

よく指摘されるのが、ファストフード店のハンバーガーの販売です。
お持ち帰りか店内飲食かについて、店側はレジで確認するだけです。
実際のところはお客さんの行動を最後まで管理できません。
イギリスは以前は複数税率にしていましたが、
今は、いずれも標準税率となっているそうです。  

このほかにも、区分が難しいものとして、
喫茶店VS立ち飲みジュース店 
みかん狩りVSみかんの販売
食堂VSコンビニ弁当を電子レンジで温めてそこで食べる
飲食店の店内飲食VS出前や仕出し 
食堂車の食事提供VS車内販売のお弁当
宅配ピザ店の店内飲食VS宅配ピザ
料理屋さんの店内で出される弁当VSお持ち帰りのおみやげ弁当・・・ 

また、ぜいたく品かそうでないかという側面や、産業政策的な側面から区分されます。
イギリスは塩・胡椒は軽減税率で、グルタミンソーダなどの化学調味料は標準税率。
水は軽減税率、ペットボトル入り水は標準税率、氷は袋入りでも軽減税率。

フランスではキャビアは標準税率で、フォアグラやトリュフは軽減税率です。 
(これは、キャビアは全量輸入のため、国内産業振興策として区分されています)
バターは軽減税率でマーガリンは標準税率です。 
(マーガリンは工業製品でバターは酪農製品であるからという産業政策目的です)

食料品の区分だけでも非常に厄介ですが、
それ以外にも生活必需品として「子供服」は軽減税率という国もあります。
子供服かどうかはサイズでしか決められないでしょうが、
子供の振り袖やパーティドレスも軽減されるのは、
ちょっと納得できないような気がします。  

現在、ヨーロッパの多くの国が採用している消費税の軽減税率ですので、
いい面もたくさんあると思います。
しかし、力の強い業界が税率を左右する可能性もあります。

また、きわめて個人的ですが、税理士という立場からは、
複数税率は消費税の納税額の計算がややこしくなるということも 、
私自身が積極的に賛成できない理由です。

はてさて、自民党さんはどのような策を出してくるのでしょうか。
平成25年の税制改正が見ものです。

....................................................................................
■□ セミナーのお知らせ
     ★6つのうち、3つがNEWセミナーです★ 
....................................................................................
-----------------------------------------------------------
1. ■FP継続教育セミナー■
 ~これからFP相談を始めたい方へのポイントと注意点~
----------------------------------------------------------- 
会社任せにしない、自身が積極的に関与できる対策について学べます!
25年度からのサラリーマン税制に向けての対策も必見です。  

講師:前野彩
日時:1月19日(土)18:30~20:30
場所:エルおおさか 研究室1
対象:FP資格をお持ちの方
参加費:3,000円
お申込み&お問い合わせ:LBプランニング 
http://fp-seminar.kakei-minaoshi.net/#2
----------------------------------------------------------- 
2. ■知らなきゃ大損!家計の新ジョーシキ■  
----------------------------------------------------------- 
出版記念の第2弾!?
和歌山の紀陽銀行さんにて、1年ぶりにセミナーを行います。
この日もセキララ生談話を行いますので、 
和歌山地方の方とお逢いできることを楽しみにしています。
講師:前野彩
日時:1月26日(土)13:30~15:00 
場所:紀陽銀行 お城の前の相談室
対象:20~40代の方
参加費:無料
お申込み&お問い合わせ:紀陽銀行
http://www.kiyobank.co.jp/cgi-bin/kiyo2/retail/seminars.cgi?mode=seminar_detail&rowid=1693
-----------------------------------------------------------
3.■稼ぎ力講座 1dayセミナー■
----------------------------------------------------------- 
家計相談の味方であるファイナンシャルプランナーの前野彩
起業をサポートする立花裕実子司法書士
こころとコミュニケーションの成長を支援する安達美由紀
NLP(TM)マスタープラクテショナーの3人がメンバーとなって、
あなたの『稼ぎ力』をサポートします。
※9月講座が大好評だったためのリピート講座です。
講師:前野彩・安達美由紀(NLP講師)・立花裕実子(司法書士)
日時:1月27日(日)10:00~17:00 
場所:オフィスりそ~すふる(大阪市中央区天満橋)
対象:  
・望む人生を明確にしたい方 
・自分の人生設計を描きたい、掴みたい方 
・今の働き方に迷っている方 
・起業を考えている方 
・やりたいことをできるようになりたい方 
・お金に対して役立つ信念を持ちたい方
参加費:20,000円
   ※「ズボラでも大丈夫!書き込み式一生役立つお金のキホン」を
お持ちの方は、18,500円で受講できます。
----------------------------------------------------------- 
4.★☆NEW☆★
 ■キラリ☆朝会 ~望む未来と心とお金を元気にする~■
----------------------------------------------------------- 
豊かな人生を送るために、「何をしたらいいの?」 
「したらいいことはわかっているけど、どうしてできないの?」
そんな気持ちとサヨナラするために
毎月第一月曜日の朝の時間を、自分のために使ってみませんか?
講師:前野彩・安達美由紀(NLP講師)・立花裕実子(司法書士)
日時:2月4日(月)7:15~8:15 
場所:オフィスりそ~すふる(大阪市中央区天満橋)
対象:女性限定
参加費:2,000円ドリンク付き(朝ごはんはご自身でお持ちください)
-----------------------------------------------------------
5.★☆NEW☆★
 ■Waku♪Waku♪お金力アップセミナー■
  社員も確定申告したほうがいいの?
      税金を味方につける凄腕家計プラン
-----------------------------------------------------------
 増税時代だからこそ、ソンをしないように
 税金のしくみは知っておきたいもの。
 確定申告のこと、ちょっと勉強してみませんか?
 前半は和気藹々とお勉強、
 後半30分はハーブティーでお茶会(女子会)です。
 女性限定の少人数セミナーだから 
 日頃から気になることを、どんどん聞けちゃいますよ♪

講師:前野彩
日時:2月5日(火)10:00~11:30
場所:FPオフィス will (JR星田駅から徒歩5分)
対象:女性限定
参加費:500円
詳細:http://fp-will.jp/mama_seminer.html
----------------------------------------------------------- 
6.★☆NEW☆★
 保育付セミナー えほんのお部屋「ひまわり畑」 
■気になる教育費と老後資金の準備方法■
----------------------------------------------------------- 
枚方市内の女性必見! 
保育付きセミナーなので、ママさん必見です。
セミナーでお金の話を学んだら、
お金のことを考えても、気分が明るくなりますよ。
講師:前野彩
日時:2月6日(水)10:00~11:30 
場所:えほんのお部屋 ひまわり畑
  枚方市村野西町1-27
http://www.himawaribatake0303.com/
対象:女性限定(5名) 
参加費:2,000円(テキスト代込)お持ちの方は1,000円 
お問い合せ&お申込:090-6739-7064
.......................................................................................... 
それでは、2013年が皆さんがキラリ☆輝く1年になることを願い、 
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

登録・解除フォーム
ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

 

ご相談・セミナーのお問い合せ 講演・取材などのお問い合せ

このページトップへ

Copyright(c) FP Office will. All Rights Reserved.