トップ
    はじめましてFPの前野彩です♪
FPに相談してみる?
    FPは必殺!?お金の計画人
    相談のタイミング
    相談内容ベスト3
    相談に必要なもの
   家計簿にもなる相談シート
こんな相談ができます
    保険のご相談
    マイホームがほしい!
    住宅ローン返済中ですが・・・
    家計のご相談
   実体験マンガ
安心のFP相談料
    ご相談料金
    お友達紹介・ペア割引
    ご提案書作成料金
知れば得々ミニ知識
    教育資金っていくらかかるの?
    万が一、パパが亡くなったら?
    103万円と130万円のパートのカベ
    海外旅行保険を上手に使う!
    ふるさと納税はオトク!
    入院!医療費!どうなるの?
お問い合わせ・事務所概要
  お問い合わせ
    FPオフィス will 事務所概要
    セミナー・講演実績
    メディア・執筆実績
    メールマガジンのご登録
    &バックナンバー

  
    パートナー&リンク
    個人情報保護方針
パートナー
    イラストレーター此林ミサ
   【イラストギャラリー】

       【ブログ】
   

    FP彩ちゃんシリーズ第一弾
   ホームページプロジェクト

   仕掛け人ウエムラカオリ

   
 FPオフィス willオフィシャルサイト




103万円を超えると所得税、130万円以上は健康保険料・介護保険料(40歳以上)・年金保険料の
負担が発生するので、見かけ収入は増えたけど、実質手取りの減少には要注意です。
ただ、税金を納めると税金の還付を受けることができたり、厚生年金保険の加入では
老後の年金が増えたり、健康保険では会社を休んだ時に一定の要件を満たすと
給料日額3分の2をもらえる傷病手当金が受け取れたりするメリットもあるので、
目先の収入だけでなく総合的に考えて下さいね。


月額1万円…などのママの家族手当の支給要件は、
会社によって支給ナシから130万円以下など実に様々。
支給要件が103万円以下の会社で、105万円の収入になって年間12万円の家族手当がカット!
なんてことにならないように、家族手当の支給要件は要CHECKです。


抑えたいなら103万円または130万円まで、バリバリなら141万円以上と、
ジレンマ帯を除いて働くのが得策です。
FP相談で将来の貯蓄額のシミュレーションを見て、
「最低パートでいくら働けば将来が安心♪」という目標最低値を知っておくと、
気持ちのゆとりを持って働くことができますよ。


妻の収入が増えると、パパの生命保険料を節約できることもあります。
妻の頑張りって偉大です。





©FPオフィス will
サイト内の画像の無断転載を禁じます