どうしよう教育資金!間に合わない?


 解決法その1. 「そんなに貯められるほど収入がないの!」


   小さなお子さんがいる方でも、お子さんが小学生にあがった頃から
   アルバイトやパートで働く方も少なくありません。
   時給800円(大阪府の最低賃金762円)のアルバイトを1日3時間、
   週3日働くことで、2.8万円の収入アップになります。
   ご自身の負担にならない程度にママがお仕事を考えてみるのもひとつでしょう。


 
解決法その2. 「進学まで時間がないのに準備ができてない!」

   下のお子様がいたり、さまざまな事情で「ママが働く」ことが
   無理な場合も多々あります。そんな中でも進学の時期は待ってくれません。
   そこで、奨学金の利用を考えてみましょう。
   最近では奨学金を利用する人が増え、制度も充実してきています。

   日本学生支援機構(旧:日本育英会)に代表されるように、
   返済しなければならない奨学金が基本ですが、奨学金の種類によっては
   「給付型」で返す必要がない奨学金も増えています。
   奨学金の申込み時期は決まっていることが多いので、
   早めに進学予定の学校へ問い合わせて情報を集めましょう。

   なお、足りない教育資金をカバーする順番は、
        1.奨学金(給付型→無利息→低金利)
        2.国の教育ローンと財形教育融資
        3.銀行等の教育ローン
                      という順番で考えてください。


 
解決法その3. 保険を見直してみる。

   なぜここで保険!?と思われるかもしれませんが、
   生命保険や医療保険は毎月数千円〜数万円の保険料を納めていますよね。
   もし必要以上の保障の保険に入っているならば、それをやめることで、
   今までの負担と変わりなく教育資金を確保できる可能性もゼロではありません。
   また、「こども保険」「学資保険」などと名前が付いていなくても、
   同じ用途で使えて、しかも保険料がお安いものも、実はあるんです。


 解決法その4. 住居費を見直してみる。

   3に続き、なぜここで保険!?と思われるかもしれませんが、
   住居費や住宅ローンも毎月決まったお金が出て行く上、その金額も高額。
   場合によっては、住み換えや住宅ローンの返済方法を見直すことで、
   家計の支出がスリムになることも少なくありません。
   節約!節約!だけでの貯蓄は精神的にも実際の生活的にも大変なので、
   ストレスが少なく支出を削減できる、大きなお金の見直しとして効果的です。




 
   
トップ
    はじめましてFPの前野彩です♪
FPに相談してみる?
    FPは必殺!?お金の計画人
    相談のタイミング
    相談内容ベスト3
    相談に必要なもの
   家計簿にもなる相談シート
こんな相談ができます
    保険のご相談
    マイホームがほしい!
    住宅ローン返済中ですが・・・
    家計のご相談
   実体験マンガ
安心のFP相談料
    ご相談料金
    お友達紹介・ペア割引
    ご提案書作成料金
知れば得々ミニ知識
    教育資金っていくらかかるの?
    万が一、パパが亡くなったら?
    103万円と130万円のパートのカベ
    海外旅行保険を上手に使う!
    ふるさと納税はオトク!
    入院!医療費!どうなるの?
お問い合わせ・事務所概要
  お問い合わせ
    FPオフィス will 事務所概要
    セミナー・講演実績
    メディア・執筆実績
    メールマガジンのご登録
    &バックナンバー

  
    パートナー&リンク
    個人情報保護方針
パートナー
    イラストレーター此林ミサ
   【イラストギャラリー】

       【ブログ】
   

    FP彩ちゃんシリーズ第一弾
   ホームページプロジェクト

   仕掛け人ウエムラカオリ

   
 FPオフィス willオフィシャルサイト