教育資金はこうやって貯める!


 STEP1. 児童手当(子ども手当)は大学進学用に、すべて貯金しましょう!


   児童手当(子ども手当)は、最初から無かったものとして手をつけずに
   お子様の名義の通帳にすべて貯金します。
   そして、中学校までの学校教育費や塾・習い事の費用は、毎月の収入の中で
   やりくりしましょう。

 
STEP2. 私立高校を狙うなら、今から積み立てる!

   公立高校と私立高校の差額分は、下の表のとおり1年間で約50万円。
   3年間では150万円。そのお金を貯めるには、今、お子様が0歳なら月々8,000円、
   小学校1年生なら月々15,000円の積立で準備ができます。


1年間の学校教育費と塾・習い事の合計費用
  幼稚園 小学校 中学校 高校
公立 私立 公立 私立 公立 私立 公立 私立
 1年間
学習費
総額
 25.1
  
万円
 53.8
  
万円
 33.4
  
万円
 137.3
  
万円 
 47.1
   
万円 
 126.9
  
万円
 52.0
   
万円
 104.5
   
万円
公立と私立
の差額 
 28.7万円  103.9万円  79.8万円  52.5万円
在学中の
差額合計
 86.1万円  623.4万円  239.4万円  157.5万円
                    制服や修学旅行費なども含まれています。


 STEP3. 大学進学の資金を準備する!

   国公立大学に行ってもらいたい!というのが親心ですが、実際には私立大学に通う
   お子様が多いのが実情。
   そこで、私立大学の授業料4年間分ということで、400万円を貯めることを
   考えましょう。
   お子様が0歳なら月に18,000円、お子様が小学校1年生なら月に27,000円を
   本来なら積立てるべきなのです。

   でも、STEP1の児童手当(子ども手当)が貯まっているはず!
   貯めるべき400万円から児童手当(子ども手当)分を差し引いて、足りない分を
   月割りして、その額を目安に貯めていきましょう!

   ちなみに、今ニュースで話題になっている「子ども手当」が変更なく
   完全実施になった場合、0歳から15歳まで支給されるお金は・・・
              
なんと468万円!!!
   そうなると、子ども手当だけで大学受験と大学進学費用はまかなえますね!

  大学 
公 立 私 立 文 系  私 立 理 系
入学金 28.2万円 25.8万円  27.2万円
授業料 53.6万円 71.8万円 100.3万円
施設設備費 16.0万円 19.4万円
  初年度合計   81.8万円 113.6万円 147.0万円
4年間の費用合計  242.6万円 329.0万円 447.9万円



   
   1箱300円のタバコを毎日・15年間吸い続けると・・・約164万円!
これだけで、お子様ひとり分の私立高校入学準備金になります。

【参考文献】小学校から高校まで:文部科学省「子どもの学習費調査」
      国立大学:平成20年度標準額
      私立大学:文部科学省「平成19年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額」


  NEXT 「どうしよう教育資金!間に合わない?」



   
トップ
    はじめましてFPの前野彩です♪
FPに相談してみる?
    FPは必殺!?お金の計画人
    相談のタイミング
    相談内容ベスト3
    相談に必要なもの
   家計簿にもなる相談シート
こんな相談ができます
    保険のご相談
    マイホームがほしい!
    住宅ローン返済中ですが・・・
    家計のご相談
   実体験マンガ
安心のFP相談料
    ご相談料金
    お友達紹介・ペア割引
    ご提案書作成料金
知れば得々ミニ知識
    教育資金っていくらかかるの?
    万が一、パパが亡くなったら?
    103万円と130万円のパートのカベ
    海外旅行保険を上手に使う!
    ふるさと納税はオトク!
    入院!医療費!どうなるの?
お問い合わせ・事務所概要
  お問い合わせ
    FPオフィス will 事務所概要
    セミナー・講演実績
    メディア・執筆実績
    メールマガジンのご登録
    &バックナンバー

  
    パートナー&リンク
    個人情報保護方針
パートナー
    イラストレーター此林ミサ
   【イラストギャラリー】

       【ブログ】
   

    FP彩ちゃんシリーズ第一弾
   ホームページプロジェクト

   仕掛け人ウエムラカオリ

   
 FPオフィス willオフィシャルサイト